ナンパで女性に声をかけられない

1. はじめに

ナンパを始めようと思って最初にぶち当たる壁は、おそらく女性に声をかけることが出来ないことだろう。
私自身もこの壁にぶち当たった。
街に出て好みの女性を見かけても声をかけることが出来ず一日中街をうろついただけでそのまま帰ることが何回もあった。
そんな私でも今では安定して女性に声をかけることが出来るようになった。
私は次の4 つのステップを踏むことでナンパで女性に声をかけることが出来ない悩みを解消した。

 

ステップ1. ナンパで女性に声をかけられないパターンを理解する

ナンパで声をかけられないのは
「女性を見つける→声をかけようとする→女性に嫌われるのが怖い→声をかけることが出来ない」のように声をかけられないパターンにはまってしまっていることがほとんどだ。
まずはこのパターンをしっかり理解することが大事だ。

 

ステップ2. ナンパで女性に声をかけられないパターンを壊す

声をかけられないパターンを認識したら次にそのパターンを壊す。
そうすれば新しい声をかけられるパターンを作る事が出来る。

 

ステップ3. ナンパで女性に声をかけられるパターンを作る

声をかけられないパターンを壊したら声をかけられるパターンを新たに作る。
声をかけられるパターンを構築すれば、声かけられないパターンから抜け出せる。

 

ステップ4. ナンパで女性に声をかけられるパターンを強くする

声をかけられるパターンを作ったらそれが壊れないようにパターンを強くする。
そうすることで安定して声をかけることが出来るようになる。

ステップ1. ナンパで女性に声をかけられないパターンを理解する

ナンパで女性に声をかけられない悩みを解消するにはまず声をかけられない原因をしっかり理解する必要がある。
ナンパで女性に声をかけられない原因は脳の仕組みと密接な関係にある。脳は痛みを避けて快楽を求める。

 

例えば私は果物が好きなので果物を食べることを躊躇しない。
しかし私は辛いものが苦手なので辛いものを食べることを躊躇する。

 

つまり「果物を食べる = 快楽」と脳が連想しているので果物を食べることは躊躇しないが「辛いものを食べる = 痛み」と脳が連想しているので辛いものを食べることが躊躇してしまう。

 

ナンパで女性に声をかけることが出来ないことも同じ理由だ。
つまり「ナンパで女性に声をかけること = 痛み」と連想しているからナンパで女性に声をかけることが出来ないのだ。
私の場合を例にしてこの痛みの連想をもう少し詳しく説明する。

 

私は以前ナンパで女性に声をかけることを下のように連想していた。

 

ナンパで女性に声をかける。

ナンパで女性に声をかけると女性に嫌な思いをさせる、嫌われる。

女性に嫌われると自分自身が傷つく。

自分自身が傷つくことは痛みである。

 

このようにナンパで女性に声をかけることは痛みであると連想していたため女性に全く声をかけることが出来なかった。

 

ナンパで女性に声をかけられるようになるためにはこの痛みの連想を破壊する必要がある。
ステップ2 ではナンパで女性に声をかけられないパターンを壊す方法を解説する。

 

ナンパで女性に声をかけられない

ステップ2. ナンパで女性に声をかけられないパターンを壊す

ナンパで女性に声をかけられない原因は

 

ナンパで女性に声をかける。

ナンパで女性に声をかけると女性に嫌な思いをさせる、嫌われる。

女性に嫌われると自分自身が傷つく。

自分自身が傷つくことは痛みである。

 

といった具合にナンパで女性に声をかけることを痛みと連想しているからと述べた。

 

この痛みの連想を破壊して「ナンパで女性に声をかけること = 楽しい」と快楽の連想にすれば声をかけられるようになる。

 

だから「ナンパで女性に声をかけること = 痛み」の連想、つまりナンパで女性に声をかけられないパターンを壊す必要がある。
実際に私がやっているナンパで女性に声をかけられないパターンを壊す方法をいくつか紹介する。

(1)ナンパで声をかけられない自分を馬鹿にする

ナンパで女性に声をかけようとしても、びびって声をかけられない時に以下のように自分を馬鹿にする。

 

「びびっちゃってるの?いや〜うけるなお前」
「女性に声をかけられないのまじうけるよアハハハハ」

 

出来るだけ馬鹿になって自分を馬鹿にする。

 

そうするとだんだん声をかけられないことが馬鹿らしくなってくる。
ナンパで女性に声をかけられないパターンにはまるとどんどん深みにはまってしまいそこから抜け出せなくなる。
そうなる前に声をかけられない自分を馬鹿にしてパターンにはまるのを防ぐ。

 

ナンパで女性に声をかけられない

(2)体の姿勢を変える

体の姿勢を変えることも効果的だ。

 

なぜこれが効果的なのかを説明するために落ち込んでいる時の姿勢を例にしよう。

 

落ち込んでいる時はたいてい同じ姿勢で落ち込んでいる。
目は下を向いていて、肩は下がり、体の力は抜けているといった具合に毎回同じパターンがある。

 

極端な例だがスキップをしながら落ち込んだ気持ちにはなれない。

 

このように体の姿勢は気持ちと密接な関係ある。

 

ナンパで女性に声をかけられない時は背中が曲がり、おどおどした姿勢になってしまいがちだ。
このおどおどした姿勢がナンパで声をかけられないパターンを作り出してしまうのだ。
だからこの姿勢を変えることによってナンパで声をかけられないパターンを壊す。

 

私がよくやっているのは胸をはり背筋を伸ばした堂々とした姿勢だ。
これだけで気持ちが変わり、堂々と声をかけることが出来る。

(3)体の状態を変える

体の姿勢と同様に体の状態を変えるのも効果的だ。

 

疲れたときに甘いものを食べると気分が変わるがこれは食べ物を食べることで体の中で化学反応が起こり体の状態が変わるからだ。

 

体の姿勢を変えると気持ちが変わると同じように体の状態を変えることで気持ちが変わる。
ナンパ中に体の疲れを感じると気持ちが変わり声をかけることが出来なくなったりする。
つまり声をかけられないパターンにはまってしまう。

 

そんな時私は水をよく飲む。
水を飲むと体の状態が変わり、すっきりとした気持ちになる。
水は体に無害だし、とても効果的だ。
ちょっとした気分転換にはもってこいだ。
体の疲れがひどい時は喫茶店に入る。
喫茶店でゆっくり体を休めることで気持ちがリセットされ再び声をかけられるようになる。

(4)場所を変える

場所を変えることも効果的だ。

 

どうも今日は声をかけることが出来ないという時がある。
そんな時声をかける場所を変えると気分が一新されて声をかけられる状態に戻すことが出来る。
私の場合だと渋谷で声をかけようとして上手くいかない時は新宿に場所を変えたりする。

 

理想はいつでも、どこでも声をかけられるようにすることだがこのように自分が得意な場所をいくつか持っておけば気分を変えるのに上手く活用することが出来る。

 

今までいくつかの方法を紹介したがナンパで女性に声をかけられないパターンにはまりそうになったら一度そのパターンを壊すアクションを取ることがポイントだ。

 

パターンを壊すことが出来るのであればどんな方法でも良い。

 

ナンパで女性に声をかけられないパターンを壊したら次はナンパで女性に声をかけられるパターンを作っていく。

 

ナンパで女性に声をかけられない

お気に入り

緑内障 目薬
緑内障の目薬は比較的副作用が多い傾向があります。とくに目薬を2種類も3種類もささなければならないとそれだけ副作用も増加します。眼局所の副作用がほかのタイプに比べて高い頻度で出現してしまいます。 点眼時の刺激感、充血、まぶたの色素沈着、まつ毛が太く多くなる。緑内障に有効なので、古くから標準的治療薬の一つとして繁用されています。